close

リースタイトル画像
リーススマホ用タイトル画像

リース

自己資金を有効活用しつつ、
設備の最新化や合理化を実現。

お客様が設備や機械を導入する際に、お客様に代わってSMFLキャピタルがご希望の物件を購入し、比較的長期間賃貸する取引がリース(ファイナンスリース)です。物件管理や資金管理業務の効率化、税務上のメリットなどが受けられ、企業経営のお役に立つスキームです。お客様のメリットをアピールすることにより、一層の販売促進が図れます。また、ファイナンスリース以外にも保守料代理受領付リースや残価付リースも取扱っております。

リースのしくみ

  1. 物件仕様の打合せ・お申込み

    お客様とメーカー・販売会社様との間で、リース物件の機種や仕様・価格・納期などを打合せし決定します。その後、リースのお申込みをしていただきます。

  2. リース契約の締結

    お客様とSMFLキャピタルの間でリース契約を締結させていただきます。

  3. 物件の売買契約締結

    SMFLキャピタルがメーカー・販売会社様との間で物件の売買契約を締結し、発注します。

  4. 物件の納入

    メーカー・販売会社様からお客様のもとへリース物件を納入いただきます。

  5. リース開始およびリース料支払い

    物件の検収が済み次第、お客様から物件借受証をご提出いただき、リースが開始されます。同時に第一回目リース料(初回2回分)をお支払いいただきます。第二回目からは原則として毎月均等払いとなります。

  6. 物件代金の支払い

    SMFLキャピタルからメーカー・販売会社様へ物件代金を一括でお支払いします。

スキーム

スキーム図

メーカー・販売会社様のメリット

  1. 販売手段の多様化

    販売を促進するための手段としてリースをご活用ください。お客様のメリットをアピールすることにより、一層の販売促進が図れます。

  2. 確実な代金回収

    SMFLキャピタルがお客様に代わって代金をお支払いしますので、代金回収がスピーディーで確実に行われます。

  3. 計画的な販売活動

    リースは契約期間が決まっておりますので、更新や買い替え時期を的確に把握でき、計画的な販売活動を行うことができます。

  4. タイムリーな案件管理

    SMFLキャピタルの販売支援ポータル「SECOND PLUS」をご利用いただくことで、Webでのお申込が可能です。また入金スケジュールのご確認やご契約いただいたお客様の顧客情報を把握でき、Webでタイムリーな案件管理が可能になります。

お客様のメリット

  1. 資金の効率的運用

    月々のリース料で必要とする設備機械の使用が可能となり、多額な資金調達を行う必要がなくなります。これにより生じた余裕資金の有効活用が可能です。また、リース期間中の金融情勢の変化に関わらず、リース料は一定です。

  2. 陳腐化リスクの防止

    経済的使用可能年数に見合った期間のリースであれば、最新鋭の設備機械との切り替えを計画的に行えるようになります。これにより陳腐化のリスクをカバーできます。

  3. 経費の平準化*1

    リース料は全額経費として会計処理することができるため、リース期間を通じて均等に費用化でき経費の低減が図れます。 *1リース会計基準・リース税制の変更について:「所有権移転外ファイナンスリース」の取扱いが、平成20年4月より変更されています。

  4. 事務の合理化

    購入の場合と異なり資産計上や償却事務、固定資産税の申告・納付などの手続きが省略でき管理事務の合理化が図れます。またコストの把握もしやすくなります。

  5. 借入枠の維持

    設備資金を長期で調達したのと同様の効果が生じるとともに、金融機関の借入枠を残せるため、資金調達に余裕が生まれます。

お問合せ

ページトップへ